ネコカミゅ
コードギアスを中心に、アニメについて好き勝手に色々と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【小説】コードギアス反逆のルルーシュR2全巻購入!!
もっと早くに読むべきでした…。

いつか読もうかなとは思っていたんですけどね…。(゚Д゚;;

もともとコードギアスという作品は、本編で足りない部分をDVD特典イラストドラマや小説で補完するのは知っていたので…。

先日友達からコードギアスの小説の話を持ち出されて、その内容が本編で語られていないドラマだけではなく、世界観の裏設定までけっこう書かれていると言われて…(あとナナリーとマリアンヌがヤバイとか言われて…

もうマジでか!?ってカンジでした。


読んでみるとホントに書いてあるぅ~~。
全4巻のうち、3巻までしかまだ読んでないですが、「コード」のことや「ギアス」のこと、すべてではないにしてもいろいろわかりました。

しかしサンライズのアニメ作品は、「あくまでアニメ映像作品が公式本編、それ以外の小説・マンガ・ゲームはパラレルに近いもの。」という位置付けが一般的です。
代表作『ガンダム』という作品が、アニメだけでなく、小説、マンガ、ゲーム等の様々な分野に広く派生していき、ストーリー展開や世界観、時系列の矛盾から公式とパラレルの線引きが難しくなったために、公式本編はアニメ映像作品だけとしているらしいです。

『コードギアス』にもそれは当てはまり、小説は「新しく再構築されたコードギアス」という見方をするのがどうやら正しいようです。
たしかにセリフまわしや展開はアニメと違うところが多々ありました。

しかし、小説を完全なパラレルとして本編とは関係ないとするのは、あまりにも短絡的だと思います。

パラレルとはいうものの、厳密に言うと「本編で描ききれなかった真実を混ぜて再構築されたもの」だと思われます。

要するに、非常に公式本編に近いものであって、パラレルも真実も混ぜてあるよ~ってことです。

非常にめんどくさい話ですが、アニメ本編との整合性から判断していくしかないですね…。




というわけで1ヶ月ぶりの更新です。本当にすいません。m(_ _;)m
ちょっと年度末と年度始のゴタゴタで(汗

ホンマあかん…。
もうこれからは、どんなくだらないことでもいいから更新していくつもりです。

それと小説最終巻読み終わり次第「考察記事修正」と「とある企画」にとりかかりまする。
ストーリー展開とキャラ設定等はだいたいできあがっているのであとは描くだけかな…?
考えていたのが運よく小説内容と合致できそうでよかったです…。

スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。