ネコカミゅ
コードギアスを中心に、アニメについて好き勝手に色々と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コードギアス反逆のルルーシュR2 BD・DVD最終巻&イラストドラマ9 感想(ネタバレ小盛り
ついにBD・DVD最終巻発売!!
ようやく観れたイラストドラマ9!!
最後のカットが幸せすぎて泣ける・・・。

もう今すぐにでも語り出したいくらいのノリなのですが、
さすがに発売日1日後にすぐネタバレは、高いお金を払って購入された他のみなさんに悪い・・・。

イラストドラマは10分足らずですから、ちょろっとネタバレされてしまえばそれで終わり、みたいなところがあるので気をつけたいです。

今回、ネタバレはぼかし気味で、できれば縁あってこのブログに立ち寄られた方の購買意欲に少しでも刺激を与えられたらな、と思いますw



カレン、ミレイ、リヴァル、ニーナ。そしてジノとアーニャ。

ここまでのキャラの登場は予想通り。


ナナリーももしかしたら?とは思っていましたが、

なんとゼロまでも登場!
人前ではあくまで「ゼロ」です。


1日だけですが、元生徒会メンバーが再びアッシュフォード学園に集えたことに感激です。





勢ぞろい
カレンさん・・相変わらずカメラショットが大胆で何よりです。てかこれノーパ・・(ry


咲世子さんはまだナナリーの側にいるってことでいいのか、それともアッシュフォード家仕えに戻ったのか、「木」が移し変えられたのを知ってるってことはアッシュフォード家寄り?

アーニャがなんか物腰やわらかくなってて驚いた。

オレンジが相変わらずカッコよくて噴いた。

ヴィレッタのお腹元に戻ってた。

アッシュフォード学園の現生徒会長は、まさかの・・・。

最後ちょっと違うけど、チョッパー思い出したよ。

やっぱりルルーシュの置き土産あったね。

なんだかんだ言って、ルルーシュ、スザク、ナナリーの3人の関係は、やっぱり特別なものでかけがえのないもの。結局そこに落ち着けたことがよかった。



変わらないもの、変わってしまったもの、残ったもの、消えてしまったもの、いろいろあるけど、

みんなの「想い」はきっと共にある。





パッケージの説明書きに「驚愕の大団円」って書いてあるけど、嘘じゃなかった。



その他、映像特典には声優座談会(?)や製作スタッフ座談会(?)などのおもしろトークや、
コードギアスの製作秘話や最終話タイトル『Re;』の読み方などの言及がされていました。



声優座談会で言ってましたけど、
2009y04m25d_131949234.jpg

この左上のスザク、アニメーターじゃなくて、スザク役の声優の櫻井さんが描いた絵らしい…。
これといい、「また観てギアス」といい、
もう声優兼アニメーターになっちゃえよw






本編には加筆修正やら新規カットがみられました。製作スタッフの方々ご苦労さまです。



コードギアスは本当に
オぉぉぉおおール!ハイいいぃぃール!な作品でした!!





スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルージュR2 - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアスR2 最終話 感想(ネタバレ
『コードギアス』の、明かされていない真相部分に対する憶測と、続編の可能性を、私的に考えた記事を製作中です。

よろしければ、下URLクリックで、どうぞお立ち寄りくださいませ。m(_ _;)m


↓↓


【続編は可能か】アニメ 『コードギアス反逆のルルーシュR2』【勝手に考察】<商業編>
http://hottastes.blog44.fc2.com/blog-entry-26.html



【続編は可能か】アニメ 『コードギアス反逆のルルーシュR2』【勝手に考察】<ルルーシュ編>
http://hottastes.blog44.fc2.com/blog-entry-27.html



【続編は可能か】アニメ 『コードギアス反逆のルルーシュR2』【勝手に考察】<ギアス・コード能力編>
http://hottastes.blog44.fc2.com/blog-entry-29.html






↓↓これより下が感想記事となっております!!





ゼロレクイエム1
ゼロレクイエム3

ルルーシュ「これはおまえにとっての罰だ。 おまえは 正義の味方として仮面をかぶりつづける。 枢木スザクとして生きることはもうない。 人並の幸せも すべて世界にささげてもらう。 永遠に・・・。 」

ゼロレクイエム4
ゼロレクイエム2

スザク「そのギアス(願い)・・たしかに受け取った・・ッ」


かっけぇ・・そして愛しい・・・。なんだこのコンビ。
昴と星史郎思い出し(ry

今回は最終回ということでアニメ絵をはさもうと思います。


最終話タイトル

ということでついに向かえてしまった最終回『Re:』。なかなか衝撃的だった・・・


nanari2
「お兄様、私にもギアスを使か━━・・・」
rurugia1
「YO☆KO☆SE」
rurugia3
nanagia3
「どうぞ、お兄様☆」







ranngure1
スザク「うおおおおっ」
カレン「てやあああっ」

ranyara1
karen3「あ・・。」
suzaku4「あ・・。」
rannyara3
ranyara4ド━(;゚Д゚;;)━ ン !!! 
jino
「・・マジでか・・・。」
karen4


みもふたもなっ!!展開みもふたもなっ!!∑(゚Д゚`;;)


ウソです。すいませんウソこきました。
こんな身もふたもない展開じゃなかったです。もっと中身のある最終回でした。


そうなんです。思ったよりかなりまとめられてた最終回でした・・。30分でどこまでできるんだ~って思ってたけど。演出もよかったし、けっこう心にきちゃった。
あ~もう・・なんも言えねっ(ダマレ
おもしろかったなぁ~・・コードギアス・・。いろいろあったけどさ。終わるとなるとホント淋しい・・・
(´・ω・`;)




今回の衝撃といったらやっぱり
rurusi
これですよね。ルルーシュの死・・・。
ナナリーの悲痛な叫びがホント痛々しかったよ・・・。
ルルとスザクのかけあいといい
ナナリーの叫びといい
ルルーシュの死に様といい
涙を誘うね。(´;ω;`)

優しくまとめられていたけど、これはいちおう破滅エンドになっちゃうのかな?
「“明日”が欲しい」っていう言葉があったからそんなバッドなエンドじゃないかもとか思ったけど甘かった・・。
“明日”って自分のじゃなくて世界(他人)のだけか~。
自己犠牲か・・・ルルーシュ・・。スザクも・・・。


ルルーシュは死に。
スザクは救世主としての仮面を死ぬまでかぶり続けていく。きっとナナリーのまえですらその素顔をみせるわけにはいかないんでしょう。己の人としての幸せをすべて世界にささげるために・・・。

ナナリーはどうなんだろ?いちおうフレイヤ撃ちまくってたし・・・。微妙にわからない・・。


それ以外のキャラたちのハッピーエンドっぷりがハンパない。

アーニャとジェレミア・・オレンジ畑耕しとるぅー!!
a-nya1
orenge1
オレンジ完全克服したジェレミアさん。ちょっとさわやかすぎです。
いやでも無印のころから比べるとマジカッコよくなったな~。
anyaore
orenge2
「オールハイル!ルルーシュ!!」
化けたな~。最終的にギャグじゃなくてホントに好きなキャラになったw


shasi
カレンの部屋、そこにはルルーシュとスザクの写真も。
karehaha
カレンのお母さんよくなってきてるみたいだ。

カレン「ねぇルルーシュ。あれから世界はずいぶんとマシになったわ。戦争に向いていたエネルギーが、いま飢餓や貧困に振り向けられている。」


カレン・・
ba-beru
あなたの持て余すエネルギーは筋トレに向けられているのですね・・・。さすがです。



mirei
nanazero
ougi
akushu
ゼロ(スザク)はシュナイゼルもいるしブリタニアにいるのかな?
この図は超合衆国の外交代表としての扇と、ブリタニアと世界との国交正常化につくすナナリーってところか。(追記:じつは扇“首相”で、扇ジャパン誕生だったみたいですねw
後ろにいるシェンフー(神虎)が気になる。

vire
kekkonnsha
ヴィレッタ完全に身重だー。扇と結婚してるー。
shugosha
集合写真。

ッ!!
シンクーがいない!シンクー死んどるぅー!?
えぇぇ!?
あんだけ死亡フラグたてといて死に際描かれないってなんなんだ!チクショーw


damoshoumetu
ダモクレスは太陽につっこまれて消滅。


ラストはC.C.でシメ。
si-tu-
まるでルルーシュに話しかけるような口ぶり。
ルルーシュもギアスに関わったわけだから死んだあとC.C.と会話できるんだろうか?とふと思った。

でもこの服さ・・・

si-tu-2
EDでも使われてたこの服と同じだ。(追記:という妄想でしたw

EDに使われてた絵は過去だけじゃなくどうやら未来の絵もあったみたいだ。(追記:ホントすいませんw



ついに終っちゃったー!コードギアス終っちゃった!!淋しいー!!!

最終回ということでもっと書いちゃおう!
ちょっと真面目にいきます!








ん~
ストーリーは
前半は『様々な問いかけ(問題)とそれに対する返答』、つまり最終話タイトルにもなっている『Re:』でできていて、その返答自体もまた新たな問いかけとなって続いていく。
後半はコードギアス反逆のルルーシュのなかの一番大きなテーマやルルーシュたちがやってきたことに対するまとめとなる答え(『Re:』)だったかな。


前半の流れをちょっと勝手に解釈と要約をしてみた。


ナナリー「お兄様を殺してでも止めようとする私にギアスを使うのですか?」

ルルーシュ「ナナリーの意志まで捻じ曲げたくない。」




スザク「邪魔をする気か?」

カレン「世界のことを何とも想っていないルルーシュとスザクの行為は認めない。」

スザク「自分たちにはそれを経てやらなければならないことがある。」

カレン「ならスザクを倒しルルーシュを討つ!」

スザク「させない!」




ミレイ「リヴァルはどうしたい?」

リヴァル「みんなと毎日楽しくやっていけばそれでよかった。」

ミレイ「私も。」




ジェレミア「忠義なき力など弱い!(マリアンヌを失ったあとの自分は弱かった)」

アーニャ「何かにすがる。それは弱さ。記憶がない私にはすがるものすらない。」

ジェレミア「ならば記憶をもどし、支えとなるものを手にすればよい。(ギアスキャンセラー)」




藤堂「最後まで戦い続けるのが戦いを始めた者の責任であり、戦いを率いる者の資格。」

千葉「ただ死に行くのに責任も意味もない。」




ナナリー「ギアスを使って人の心を踏みにじってきた者に世界を手にする資格はない。」

ルルーシュ「未来のために抗った結果だ。」

ナナリー「普通にただ暮らせればそれでよかった。」

ルルーシュ「現実は様々なものに支配されていて、抗うことが必要だ。」

カレン「支配から抗い、支配を壊すためにレジスタンスに属した。」

スザク「既存の支配下の組織を使って変えるという手もあるはず。」

カレン「既存の組織に属せない人は見捨てるの?」

スザク「既存の組織に属するしかない人はどうなる?」

スザク「正義とは?」

藤堂「戦いをやめれば嗜虐者を認めたことになる。正義とは絶えず敵と争うこと。」

天子「どうしてそこまで争いなんて?」

シンクー「守るべきものがあるから。」

コーネリア「“何か”に属し、“何か”を背負って、それらを失うこと恐れ、戦いに望む。いまの戦のあり方には矜持と美学が失われているのかもしれない。」

ヴィレッタ「それでも居場所となる“何か”が必要だった。」

扇「その居場所のために戦ってきたけどよかったのか?」

ロイド「戦争は発明の母。戦争もまた善しとできる。」

ラクシャータ「戦争の先の犠牲者を考えれば善いとは言えない。」

ニーナとセシル「同じ過ちを繰り返さないために、戦争に手を貸すことが必要なときもある。」

ラクシャータ「でも人は弱いから、そうしているとすぐ道を外れる。」

玉城「弱いからこそ夢や願望や欲をもたなければやってられない。」

C.C.「そう、夢や欲によって抗うことが人の歴史。」

スザク「でも世界は人の願望のままの通りにはならない。」

カレンとナナリー「だからって無理矢理思い通りにさせるギアスのような方法は卑劣。」

ルルーシュ「ならダモクレスのような方法は卑劣ではないのか?」

ナナリー「ダモクレスは憎しみの象徴。憎しみをダモクレスに集めることで世界が“明日”を向かえる。」

ルルーシュ「(ナナリーの願いも意志もまた“ゼロレクイエム”に通じていて、ちゃんと自分の意志で“明日”をみている。)ならばギアスをかけられる。あとは己の道を突き進みゼロレクイエムを完遂させるだけだ。」


ruru1
ルルーシュ「ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアが命じる!世界は我に従え!!」
ruru2


そして
ゼロレクイエム1




「討っていいのは討たれる覚悟のあるやつだけだ。」この覚悟も
そして憎しみの連鎖もすべて自分で終わりにしたい。
それを実現するための“ゼロレクイエム”。
その最後はルルーシュの死以外ありえない。
“絶対悪”ルルーシュの死の後に続く“憎しみ”や“殺し合い”はもうない・・。

この憎しみが蔓延したどうしようもなく思い通りにならない世界が“明日”を向かえるにはそれが必要だった・・・。

でも、“憎しみ”は失くせても“悲しみ”は失くせなかった。
少なくともスザクやカレンや学園のみんな、そしてナナリーには消えることのない深い悲しみを残してしまった。
それでもその悲しみはきっと強い覚悟や願いへとつながり“明日”に向かう力になる。

そして世界は“明日”へと向かい続ける。ルルーシュが託したギアス(願い)のままに・・・。



ルルーシュが死ぬ直前、ルルーシュに向けたナナリーの「愛しています。」って言葉。
あれもある意味『Re:』かな。
残虐非道をつくしたルルーシュの本意である“世界にかけた想い”を受けとめ応えてくれた、唯一の、理屈のない暖かい言葉。
ルルーシュの本心を救う唯一の言葉。


si-tu-3
C.C.「ギアスという名の王の力は人を孤独にする。 少しだけ違っていたか。 なぁ、ルルーシュ。」



うわーーーーーーーーーーーーーん!
終わるのかーーーーーー!ギアス終わるのかーーーーー!

コードギアスおもしろかったよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!

気持ちがおさまりきれないよー!







[コードギアスR2 最終話 感想(ネタバレ]の続きを読む

テーマ:コードギアス 反逆のルルージュR2 - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアスR2 24話 感想(ネタバレ
ナナリー・・
完全にシュナイゼルの人形じゃないか・・・!

そんなぽんぽんフレイヤ撃っちゃダメだろwww

今回でナナリーが完全にヨゴレになってしまった・・・。
もしかしたらシュナイゼルにみくびられているところをうまく裏をつくような行動をとってくれるかも・・・とか
そんでもって次世代の世界を引っ張っていく一人になるかも
とも思ってたけどどうも違うかな?

わかりきっていたけどシュナイゼルは黒の騎士団消す気満々だ。

シンクーww血吐いてるけどwwおまえの死亡フラグはなんなんだwww
「天は二物を彼に与えた!だが時間は与えてはもらえなかった・・・」って結局最後まで生きとるぅーー↑↑www

玉城ww真っ二つに斬られた瞬間のあの横顔wwマジ死んだかと思ったww
でもきっと脱出して生きてるね。

そしてコーネリアも生きてた。シュナイゼルはなんで生かしておいたんだろ~。
これって後々自分の敵側にまわるとは思ってないってことだよね。

にしてもギルフォードも・・なんか生きとるぅーー↑↑ww
えぇ!?だって・・えぇぇ!?フレイヤに巻き込まれて機体が消滅してなかったっけ?w
あ~わかった。
きっとフレイヤは人体には無害なんだな。あれだよほら服とかだけ消滅するとか。(ナンダッテー!
だからナナリーも生きてたんだ。おとりがいたから助かったとか少し無理あったもんね。
うん、きっとそうだ。



ナナリー・・ラスト開眼キター。ここでか~ここで眼開くのか~。
この対峙はきっとまえまえから考えられてたものだろね。ルルーシュのギアスが人の目から使用できるものだからナナリーの開眼するときはルルーシュとナナリーが対峙するときだって。

個人的にはもっとまえの死んだと思われてたナナリーが映像を通してルルーシュのまえに現れたときにやってほしかったかな。ちょうどEDに入る寸前だったし。
でその次の回からシュナイゼルに少し意見するような自分の強い意思を示す強気な開眼ナナリーとかね。
そういう軽めな以前とのギャップをもたせたほうが個人的には好きだった。




コーネリア「世が世なら卓越する王であったものを・・・。」
シュナイゼル王子か~。たしかに人の上に立つ人は己の欲に走らない人が理想的。
でも結局“今日しかを求めない”執着のない人っていうのはきっと何も成そうとしないし、ここぞというときに力を発揮できないだろうし、きっと現実的じゃないんだろね。それでもシュナイゼルは世界を変えようとした。
そこがシュナイゼルの矛盾なのかも




予想あたったのニーナのフレイヤキャンセラーだけだ~。あとは思ってたのと違うものになりそうだ~。


咲世子さんとかロイドとか「ルルーシュに脅されていたんです。」てことにしてたけどなに企んでいるんだ。
ん~いまの流れではルルーシュはこのまま自分を“絶対悪”にしたてあげるつもりなのはわかるけど
でもルルーシュもスザクも“明日”が欲しいとか言ってるからな~。
このままただ“破滅”ってことはないと思うんだ。



これでどうやって最終回向かえるんだろ?
次回冒頭からいきなり時間とびそうだwってちょっとまった!

スザクとカレンの決着がまだだよ!そうだよ!

個人的にはスザクに勝って欲しいんだ!R2に入ってから活躍してなかったぶんをここ最近とりもどしてきてるから最後ドンととりもどせ!
『イエス!ユア マジェスティ!』
あれ?これ今年の流行語大賞いけんじゃ・・・(ry
なんでもないです。

最後に一言
ロロ「ルルーシュ!」(笑


テーマ:コードギアス 反逆のルルージュR2 - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアスR2 23話 感想(ネタバレ 
「僕は彼の剣だ。彼の敵も弱さも、僕が排除する。だからC.C.・・キミは盾になってくれ。守るのはキミの役目だ。」

スザクううううううう(泣
かっけぇ~。
もうね、こういう人間関係ネタはマジ大好物なんですけどぉ~

でも観る人によってはこれも『ウザク発言』になってしまうんか?チクショ~


守るはずのナナリーにはフレイヤ撃たれ、黒の騎士団たちにも憎まれ。
かつて仲間だったはずの者たちとの敵対ってのもwktkしてくる。

あああああ!もう!wwもっとドロドロに関係が歪むがイイわ!wwwww

玉城ぃぃぃぃ光ったなぁぁ。ついに活躍しちゃったなおまえww玉城の活躍=死亡フラグだぞよwwおまえ来週死ぬんか?><;

C.C.・・・。機体がピンク!?ピンクなのぉ?某ザク思い出したよ。
・・・。(;´Д)
ハッ!!∑(;´゚Д)
次回予告「俺とスザク。二人が手を組めばできないことはない。そのはずだった。しかし、フレイヤが支配する戦場に、もはや戦術は通用しないのか。最後の賭けはそのカードだッ!」

C.C.「勇敢なる帝国兵士のみっなさぁ~ん!C.C.で~すっ!ノシ 静かな~♪この夜に~♪貴方を~♪」

ルルーシュ「みろ!これがゼロ鎮魂歌(レクイエム)だぁぁぁぁぁ!!!!!!!」

シュナイゼル「んなバカなあああああああアアアァァァァ!!(全力でツッコミ」

カノン「殿下!お気をたしかに!!」

ルルーシュ「よし!シュナイゼルの仮面が剥がれた!」

スザク「いける!!」

ナナリー「イケねぇよ・・えいっ!(ポチッ」

この日、世界はフレイヤの炎に包まれた。


・・・イヤだ・・そんな最後のカードはイヤだ!(゚Д゚ ;;



どうやらニーナがガンダムseedでいうニュートロンジャマーみたいなものを作ってるみたいだね。


次回予告ではルルーシュが紅蓮に襲われてた~。カレンにルルーシュのトドメさせるのか?

次回はそれができない(ルルーシュ艦アヴァロンにて各国の代表を黒の騎士団が救出中

シュナイゼルが黒の騎士団と各国の代表もろとも一掃しようとフレイヤ発射

フレイヤがくるー絶体絶命(黒の騎士団「おのれ!シュナイゼル!」、ルルーシュ「これまでか!」

ニーナのフレイヤキャンセラー(シュナイゼル「!」

かな?

でも『最後の賭け』ってなんだろ?
なんかフレイヤキャンセラーは今回の見せ方から考えるとそのことに対するおとりな気がするんだ。
たぶんその『最後の賭け』がゼロレクイエムにつながっていくものだと思うんだけど・・・。

なんか本当にC.C.のあのピンク機体が『最後の賭け』につながってるような気がしてきた。

『歌』はないだろうけどw


テーマ:コードギアス 反逆のルルージュR2 - ジャンル:アニメ・コミック

コードギアスR2 22話感想(ネタバレ注意
短い尺のせいで展開がいそがしすぎるww

ラウンズのやられっぷりがハンパないwソードマスターヤマトなみだww
見ろwラウンズがゴミのようだww

それでも短い尺のなかでよくまとめられてたほうだと思うwさすがプロだね!


ストーリー全体は・・なるようになったかな。

ルルーシュとスザクの夫婦っぷりとか
「世界制服」っていう言葉は恥ずかしがったくせに「ゼロレクイエム」っていうどっからどう聞いても厨二発言にしか聞こえない言葉は少しも恥ずかしがらないルルーシュはひとまずおいといてwwww


ルルーシュとスザクは最後何かに討たれるつもり満々なのか世界の敵となったわけですが・・・

どう二人は考えてんのかな?

ブリタニアのっとり

超合衆国のっとり

シュナイゼル討伐

世界制服(独裁の完成)

という段階までは間違いないと思いますが、問題はそのあと。どう考えてるんだろ?民主主義的な何かに倒されるつもりだったのか、自殺っぽいことするつもりだったのか、まだよくわからんね。

ナナリーがいればナナリーがルルとスザを世界から排除ってカタチが~と思った矢先
やっぱり生きてたのねナナリー。予告ではあの超昂閃忍さまもみうけられましたがw

どうやらナナリーはS王子もといシュナイゼル王子の手玉にとられてしまっているようで。
でもね、もしかしたらあんまりナナリーを甘くみないほうがいいかもね~。気をつけてS王子!

ナナリーの「わたくしは・・お二人の敵です・・ッ!」の最後のシーン
なんかナナリー開眼するんじゃないかと勝手にドキドキしてたっつーのww

だって前皇帝シャルルがあんなんなったしシャルルのギアスがなくなってナナリーの目が治ってもおかしくないかもとか思ったからさぁ~

もしあのセリフとともに開眼してたらカッコよすぎてしびれちゃったかもwww


いろいろやっちゃった感あるけどやっぱコードギアスおもしろいねっ!!

テーマ:コードギアス 反逆のルルージュR2 - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。