ネコカミゅ
コードギアスを中心に、アニメについて好き勝手に色々と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
―キセキの誕生日観ました。―『新コードギアス』アニメ作品について2(考察&ネタバレ注意!
泣いてしもた・・・。

泣いてしもたで・・・。

歳重ねると涙腺弱くなるってホンマやわ~。


ギアス好き、ルル好きの方々は、絶対観るべきだと思う。

ピクチャードラマやばいな。
ルル・・・。
もういないんだ・・・。そこには・・・。


いやもう、くるるぎすざくのくるくるキックとか、内容はほとんどギャグだったのにねw


『コードギアス』の“現実”ではなく、みんなで共有した夢や幻の世界みたいなもんだったんですけど。

それでも、最後の方は“現実”で、ゼロ・レクイエム後のみんなの様子がわかる新作カットがいくつかありました。


2010y04m23d_192402984.jpg

白衣っぽいの着てるということは、コーネリア姉さんは、技術開発方面にこれから関わっていくのかな?
追記:付属解説書によると、ギルフォードの目が完治したらしい。・・・え?グラサンかけてたのって結局そういう理由だったの?ww

この絵やルルーシュの口ぶりから察するに、カレンもナイトメア乗りとは別の何かを目指し、勉強中なのは確かだと思われます。
R2最終回のカレンの本棚から考えて、医学系か脳科学系のどっちかかと。
てか紅蓮にドリルついてるwww
「紅蓮」だけに・・ってアフォか!www

2010y04m23d_192411703.jpg

アーサーは、結局セシルさんたちのもとにいるんですね。
セシルさんの料理は相変わらずw
ジノの故郷ってもしかしてメキシコのほうなのかな?
追記:付属解説書によると、世界周遊の旅で中南米に行ってきたらしい。


で、ちょっと気になったのは次。

2010y04m23d_192447812.jpg

・・・はて?w こっちから見て座席の一番右にいるのは誰やろね?

察するに、左から日本の皇(すめらぎ)、中華の天子、ブリタニアの皇族ときてるので、

EUで「“皇帝”の君主号を得た血筋の者」かと。
(外交上、この並びに一般人が加わるのは考えにくいです。
追記:付属解説書によると、この4人(もしくは神楽耶を除く3人)は超合集国の各地域の代表とのこと。・・・幼女・・それが世界の出した答えかぁぁあ(アホ

2010y04m24d_214848671.jpg
この歳で“代表”になる理由は、おそらく血筋。
ナナリーや神楽耶たちと同じように、「皇帝」の称号をゆるされた血筋かと。
EUは議会政治なので、彼女に内政の権限はないでしょうが、「皇族」というシステムが残っている国が、コードギアスの“EU”にはあるんだと思います。


次期アニメ作品『亡国のアキト』は、欧州が舞台ですから、これは伏線かもしれないです。

神楽耶のSPに千葉さんがついてるのに、天子には・・・。
シンクーどうなった!?とか・・・。
カノンはシュナイゼルのそばにいるのか・・・。不満ありまくりな表情が・・・wとか、このカットはいろいろ気になるw



とにかく!ギアス好きは観なきゃ損!






で、気になる次回作ですが・・・。


2010y04m23d_192544015.jpg

“壊れた世界”って言葉は、ルルーシュの「俺は、世界を壊し、世界を創る。」にかけているのかな?

2010y04m23d_192616437.jpg

舞台は、いままであまり取り上げられてこなかった“欧州”。
R2では、シュナイゼルに瀕死の状態まで追い込まれていた地域です。
次回作にシュナイゼルは関わりそうです。

2010y04m23d_192650250.jpg

あれ?“デヴァイサー”は特派特有の用語っていう初期設定は?w
パイロットを部品として扱うっていう・・・。
それとも、特派の他にも開発部があって、主人公たちはそこの強化人間か何かとか?
強化人間といえばロロ。
小説では元ナイトオブツーのベアトリス、そしてルルーシュやナナリーまでも強化人間と言える設定でした。

雑誌画像ではよくわからなかったですけど、背景はどうやら「日本」じゃないっぽいですね;
物語の舞台となる欧州の街かな?サンクトペテルブルクとか?

2010y04m23d_192705875.jpg
2010y04m23d_192852609.jpg

この城は、EU側の皇族の城かもしれません。
選挙で指導者を選ぶ民主主義らしいですけど、元帝国や皇族はいると思われます。
ピクチャードラマの子がそうかな?と。
サンクトペテルブルクが首都だったこともある、「ロマノフ朝」あたりがあやしいですね。

2010y04m23d_192923640.jpg

まさかGAIDENってくるとは・・・ww


『コードギアスGAIDEN亡国のアキト』

壊れた世界で、僕らは夢を見る
a.t.b.2017
地獄の欧州戦線
味方を救うために少数で敵地に突入する部隊があった。
その部隊のナイトメア・デヴァイサーは
イレヴンの少年少女たち。
作戦の成功率はわずか5%
何故、彼等は戦うのか?


原作:サンライズ、大河内一楼、谷口悟朗
キャラクターデザイン原案:CLAMP
キャラクターデザイン:木村貴宏
ナイトメアデザイン:安田朗
脚本:森田繁
監督:赤根和樹



原作が谷口さんとなっていますが、製作自体にはかかわらないみたいです。
んじゃぁ、谷口さんはいったい何をしてるのか・・・?
もっと言うと、何をするつもりなのか・・・?

・・これは、本当に、新プロジェクトのアニメ作品は、『亡国のアキト』だけじゃないかもしれないね・・・。

でもイベント最後のスクリーン表示が、「新コードギアス 2010続報を待て!!」から「コードギアスGAIDEN亡国のアキト 制作決定!!」に置き換えられているところをみると、とりあえずは『亡国のアキト』で終わりなのかな?う~ん・・・。


スポンサーサイト
『新コードギアス』のアニメ作品について(考察&ネタバレ?
皇暦2019年9月、英雄ゼロの剣によって悪帝ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアは討たれた。

ゼロ・レクイエム。
               しらべ              おのおの                は
優しい世界へつづくその調に、人々は歓喜し、各々が願う明日へ希望を馳せた。

だが、すべての人がそれを祝福するとは限らない。

優しさが、必ずしも救いになるわけではない。
                           
望むものをすべて奪われ、絶望的な地獄に堕ちた者にとって、
        
優しさは真実足りえない。

世界の真実とは、希望なのか、それとも絶望なのか。

答えの出ぬまま、突然と現れた優しい世界はただ、

他者に優しく、弱者に優しくと、
                    ゆが
そんな甘い嘘にまみれ、事実を歪め、なお壊れ続けてゆく。

壊れた世界で“夢”を見る少年少女たち。

失った“夢”を取り戻すすべを見つけた彼らは今、世界に宣戦布告する。




・・・妄想が止まぬ!!!誰かなんとかして。

※上は妄想です。紛らわしいことしてすいませんw


ていうかこんな辺境のブログに来てくださった方の多くは、おそらく知っているかと思われますが、
ネットでは、すでに新アニメ情報の一部がでてしまってますねw(上の妄想と全然違いましたw
早いよwwDVD発売日は明日なのにw



壊れた世界で、僕らは夢を見る
壊れた世界で(ニュータイプ5月号より)

これ、続編じゃないのかよ!w
外伝だよ!GAIDEN!(マヂで

「新コードギアス・プロジェクト」は、《「コードギアス正史」と呼ばれる時間軸に基づいて、様々な時間や場所で新しい「コードギアス」の物語がつむがれる》って月刊ニュータイプで明言されてたから、平行世界(パラレル)はまずないと思ってたけど・・・。

そうか~続編じゃないのか~。


舞台は欧州。
皇暦2017年だってさ。
『コードギアス』1期の年。ゼロ誕生の年。

時間軸は1期に平行するとも考えられるけど・・・、

イレヴンの少年少女たち
イレヴンの少年少女(ニュータイプ5月号より)

中央にナイトメアの手、ブリタニア支配で都市開発された町並み(租界)。

この絵をみるかぎり、第一次トウキョウ決戦(ブラックリベリオン)後の話かな?とも思える。
「イレヴン」って言葉がでてくるときの背景は、たぶん「日本」だよね?
追記:雑誌画像ではなく、映像をみたかぎりおそらく日本じゃなく、欧州の町っぽいですね;

イレヴンへの風当たりがもっとも強かったのは、ブラックリベリオン後、エリア11が「矯正エリア」に格下げされてしまったときだから、悲劇的なドラマを作るにはもってこい。
神楽耶以外にも、キョウト六家の隠れた生き残りなんかもいたり?例えばロシアに亡命していたとか。


まぁ、舞台は欧州みたいですからやっぱり1期に平行させるのかな?

キセキの誕生日イベントの新プロ発表スクリーンに、「サンクトペテルブルク攻防」という言葉がでていたみたいですから、ロシアが中心かもです。




う~ん・・・、本当に続編ないのかな?(ぇ

いやね、イベントのときのスクリーンに表示された言葉のなかに、皇暦2017年じゃ説明できないものもあるんですよ。

「処刑台のゼロ」・・・。皇暦2017年にそんなシーン存在しないですもん・・・。
ちなみに二期開始は2018年、ゼロ・レクイエムは2019年。

もしかしたら、「新コードギアス・プロジェクト」のアニメ作品は、ひとつだけじゃないかも。

あんまり適当なことをいうのはダメですが、売れるアニメはTV放映より劇場公開のほうが儲かる、という最近の事情を考えると、シメは劇場公開による「続編」の可能性もあると思います。もし今回の「外伝」が劇場公開ならあきらめましょう。(ぁ


ともかく、明日Amazonから届くDVDを自分の眼で観ねば!
あんまり詳しいことまではわからないだろうけどさw
なにか気づいたらまたブログに書きます!




追記:キセキの誕生日を観てからの続き記事
↓↓↓
http://hottastes.blog44.fc2.com/blog-entry-54.html




とまぁもうすぐ一年が経つんじゃないかってほど遅いブログ更新です。
・・・・うぁぁぁぁぁ!












m(_ _;)m








テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。