ネコカミゅ
コードギアスを中心に、アニメについて好き勝手に色々と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版 天元突破グレンラガン 羅巌編 感想(ネタバレ+MAD紹介
じつは友達と観に行ったのは先月です…。

さっさと感想書くべき‥。

ブログの更新頻度悪すぎ!すいません!orz



ええ、グレンラガン観に行きましたよ。

もう鼻水ジュルジュルですよ。



最近はなかなかないよ~。ああいう涙流せるやつ。感動できる作品はあるけどさ。

「人間っていうのは、こんなにスゴイんだ!!」
っていうのをあそこまで徹底的に見せつけて、視聴者を感動させられるような作品はなかなかない。


世に数ある物語は、どちらかというと「人間は脆弱」とか、そういうネガティブな方向にもっていきがちなのかな?
で、最後は「そうでもない!強い部分もあるさ!」みたいな終わり方が多い気がする。


どちらが良いか悪いかは置いといて、「人間はスゴイ!」で泣ける作品は貴重だと思います。




さすがGAINAXさん。

来月6月にはエヴァ・・いやヱヴァか も控えています。

すごいですね~。やっぱりGAINAXは。
昔『この醜くも美しい世界』とか出ていた頃は、なんとも言えない悲しい気持ちになりましたがw
(あくまで独断と偏見による感想ですwでもあのOPの歌は好きですw)
やっぱり時代を動かす力を持っていますね!


グレンラガンのテレビアニメ1話放送時、視聴者からは、「変なアニメ」っていう感想が多かったみたいですが、
テンポの良さとか、1話からだけでも十分良作臭が漂ってたように感じます。
1話観ただけで「毎週録画」決定でしたw
まぁ、私はワタルとかグランゾートとか好きなんで、ああいうロボットデザインの抵抗がなかったことも、そう感じた理由のひとつだと思いますw



紅蓮編と羅巌編の二部構成で上映された『劇場版天元突破グレンラガン』ですが、トータルの感想を一言で言ったら、

「テレビ版観てから観に行って欲しい!」


修正とか新規カットとかホント素晴らしいんです!w
私は何度でも泣きますよww
だけど!
だけど!
だ・け・どぉ!!やっぱり尺のせいでハショられている内容が!グレンラガン好きにはどうしても気になってしまう!ww
グレンラガンのテレビ版を網羅してからぜひ行って欲しい作品です。

でもテレビ版観たことある人は、羅巌編の出だしビックリかなw
テッペリン攻略戦がいきなり7日目から始まりますw
私も「え!?ここから!?」って感じになりましたw

羅巌編の内容は、4部のアンチスパイラルとの最終決戦に重点を置かれたものだったと思います。

終盤は、天元突破のオンパレードでした。
テレビ版だと「天元突破グレンラガン」しか出てきません。
新規ロボットが何体でてきた!?
なんでパンフに載ってないんだ!w普通載せるだろww
天元突破うんちゃら~、天元突破なんちゃら~、その勢いで「天元突破ラガン」も欲しかった!ないのが残念w

紅蓮編では四天王が合体して一掃されたりと、テレビ版と劇場版の違いが結構ありましたが、羅巌編も勝負の決め方が違ったりと、いろいろ変更されていました。



テレビ版と劇場版どっちがイイか?と聞かれれば、
やっぱりテレビ版!!って答えますw

でも劇場版でも十分泣きましたw



最後に
下は私のお気に入りのグレンラガンのMADです。
私が作ったわけじゃないのですがw
よかったら観てください。

↓↓↓










で下のが『BLOOD+』のEDのパロディーで、なんと手描きです!
絵柄は『BLOOD+』のEDに似せて、意図して平面的にしている部分もありますが、
この完成度はもう本家ですねw






スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

劇場版名探偵コナン 漆黒の追跡者 (途中からネタバレ感想
昨日友達と観て来ました。




2009y04m19d_050141453.jpg


正直、まさか観に行くことになるとは思ってませんでした。

しかも公開初日かよ!!ww


無計画のまま友達と遊ぶ約束してて、何をするかはその日に決めよう~、みたいな約束はしてたんですけどね。
まさか劇場版コナン観ることになるとは・・・w

いやいや、コナンは名作ですよ~。
小学校のころから楽しませてもらってました。

そう、コナンのアニメが始まったのは私がまだ小学生のころ。

あの頃はまだ、新一や蘭も、自分とは年の離れたお兄さんとお姉さんだったなぁ~・・・。(遠い目


そしていつの間にか追いついて、あれよという間に追い越してしまった・・・orz


どんだけ長いねんッ!!∑(゚Д゚;;

体は子供、頭脳は大人言うてる場合ちゃうで!!
こちとらもう、子供だったものが、体も!頭脳も・・、あ、頭脳は置いといて・・・、大人やで!!!
成長しきってもうたわ。

コナンのアニメなんて久しぶりですよ。
あ、この前『ルパンvsコナン』観たか・・・。
いやでも単体で観るのはいつ以来だろ・・・?

昔はかなりおもしろがって観てたな~。
灰原哀初登場のスペシャルのときは、
「やっべ~。ついに黒の組織との本格対決で、物語が終焉に向かうのか~。どうなるんだこれから~。」
ってめっちゃドキドキしたけど、今考えれば大して終焉に向かったわけでもなく。

あれからどんだけ月日が経ったんだろう・・・。

・・なんで今もまだ黒の組織と戦ってるん?

他のマンガだったら、白の組織とか紅の組織とか出てきて、とっくにインフレが始まってるんじゃ?(ぇ


ポケモンでさえ、赤と緑だったのが、ダイヤモンドパールとか言う、なんかようわからん色になってるのに、どゆこと?ねぇどゆこと・・?



昔は毎週のように観てたコナンのアニメ。

それがいつの間にか黒の組織が関わる回しか観なくなり、

気づいたときにはまったく観ないようになってしまってました。
(マンガを読むことは稀にあります。

あ~、なつかしい。




とはいうものの!!

今回の劇場版は少しわけが違う!!!



黒の組織構成員「あの高校生探偵を薬で処分したのは、たしかお前だったよな?」

ジン「フン、ガキの姿になって、生きていたとはな…。」

灰原哀「組織は!あなたと関わった人間をすべて消すつもりよ!!」


え!?何このCM!?
ジンにコナンの正体バレとるやん!!!!
コナンの周りの人達が組織に狙われとる!?
こんな展開にして、どう処理するん!?
原作無視でアニメオリジナル展開で終わらす気なん!?
今月、アニメ『名探偵コナン』の放映枠移動があったけど、まさか・・・!?

こんなCM見せつけられたら、そりゃあ気になりますよw


というわけで、

私「コナンの映画観る?」
友達「観よっか。」

さすがコナン世代(?)、わかってらっしゃるw




(以下ネタバレ注意)

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓

↓↓




開始3分で知りたいことわかったから、もう帰えろうかとおもっ・・(ゲフゲフ

で~す~よ~ね~・・。

そりゃあ原作を無視するような展開にはできませんよね~・・。


ジンにコナンの正体がバレたのは、まさかの夢オチ!!
ここさえクリアできれば、あとのCMで観た展開はなんとかなってしまうんだ・・・。

きっと黒の組織との対決はあるけど、結局何の進展もなく終わる。

そういうおおまかな展開が、わずか開始3分で、私の頭の中にできあがってしまった・・・。

うわああああああん何で夢オチなんだよおおおお(泣

仕方がない・・。
そういうもんだと割り切って気持ちを切り替えないと、残り約2時間が非常にツライ・・・。
結果じゃない!過程の展開を楽しもう!!

その一心で観ました。


黒の組織のメンバー、フル登場!!
いままで登場したいろんな県の刑事たちも、ほぼ全員登場!!
灰原哀!服部平次!人気キャラも登場!!


考えてみれば豪華だ・・・。

欲を言えば、FBIの人たちにも出てもらいたかったけど。
FBIも出てきたら、尺に収まらなくなるか・・な・・?

映画オリジナルの黒の組織のメンバーも出てきました。
ジンに殺されたピスコを親のように慕っていたようで、
コードネームは「アイリッシュ」

ストーリーをおおまかに言うと、
組織とは関係ない連続殺人事件の被害者たちの中に、いわゆる「ノック」と言われる、一般人の中に紛れている組織の協力者がいて、
殺人犯が組織の大事なデータの入ったメモリーカードを知らずに盗んでしまったために、黒の組織が事件に介入するっていうお話。




物語が進むにつれて、連続殺人事件の捜査本部の刑事たちの中に、アイリッシュが変装して紛れていることに気づくコナン。

ちょいと昔に帝丹高校の演劇でやった「黒衣の騎士」の兜から、新一の指紋を入手し、
帝丹小学校のイルカの粘土工作からコナンの指紋を入手し、
アイリッシュは、二つの指紋から、江戸川コナン=工藤新一だと気づく。
ジンのことをあまりよく思っていないため、その事実はジンたちには伏せるアイリッシュ。

ラストは夜の東京タワー。

アイリッシュは、けっきょく松本管理官に変装していた。

拳銃の弾丸を至近距離で避ける蘭。
ええ、確実に弾が撃たれてから避けてました。
(都大会優勝ってレベルじゃねぇぞ!このぶんじゃ、全国区には相手をパンチで観客席まで吹っ飛ばせるほどの猛者がいそうです。テニプリです。

警察からの逃げ場を失うような失態をおかしたアイリッシュは、組織に処分される。

アイリッシュの死体の近くに誰か(コナン)いることに気づいたジンは、コナンをヘリのガトリングで追い詰めていく。
ヘリ vs コナン。

コナン、ぱちんこの原理でヘリ落とす。

黒の組織とのことは、新たな進展もなく終了~。


結果を求めなければ、それなりに楽しめる内容でした。
ただ、たしかに黒の組織vsコナンはあったけど、それは終盤くらい。
CMのように、黒の組織がコナンの周りにいる人達を標的にすることはなかったし、
今回の劇場版の売りとなっている、大々的な「黒の組織vsコナン」ではなかったのがやっぱり残念
CMはうまいというべきか・・ある意味卑怯というべきか・・・w



映画の感想終わり!!













黒の組織が本格的に絡むと、おもしろくなるのがこの『名探偵コナン』。

昔はいろいろと予想しました。

個人的な予想では、
黒の組織のボス(あの方)は、アガサ博士の初恋の人、「フサエ・キャンベル・木之下」だと思っております。
今は廃れてしまっていますが、半世紀前までは酒の一大製造地だったイギリスの「キャンベル(タウン)」。
黒の組織のメンバーのコードネームが、酒の名前であることは知られています。
「組織のボス=酒の製造地」でしっくりきます。
また、黒の組織が目的としている、ある極秘プロジェクトは、半世紀前から進められているといいます。
「キャンベル(タウン)」が廃れてしまったのも、ちょうど約半世紀前です。

また「木之下フサエ」には、なにか病気を患っているような描写があります。
組織の極秘プロジェクトがそれに関係していると考えれば、見えてくるものがあります。


それは「銀の弾丸(シルバーブレッド)」の解釈です。
赤井秀一とコナンのことを、ベルモットが「銀の弾丸」と言っており、さらに「2発なんていらないわ。銀の弾丸は1発あれば十分よ」と述べています。
もしかしたら赤井の「銀の弾丸」とコナンの「銀の弾丸」は、まったくの別の意味のものかもしれません。
「銀の弾丸」の辞書的な意味はいくつか存在し、そのなかには「撃退の決め手」、「特効薬」といったものがあります。
組織のボスの病気の内容は定かではありませんが、もしかしたら「不老」や「若返り」とも関係のあるものかもしれません。だからこそ、まるで不老のようなベルモットのことを気に入っているわけで・・・。
組織の本当の目的を知っているのは極少数。その一人がボスのお気に入りのベルモット?
幼児化と元の体に戻ることを何度かしているコナンが、組織の目的である「特効薬」と成り得るかもとベルモットは考えているのではないでしょうか。(灰原哀の親が薬の実験失敗で命を落としたのであれば、その娘である哀も被験体としては役立たず?)

つまり、「赤井の銀の弾丸」=「撃退の決め手」=「組織を壊滅させるもの」ですが、
「コナンの銀の弾丸」=「特効薬」=「組織の目的を達成させるもの(目的を遂げた組織は崩壊)」ということです。



ただし、「木之下フサエ」が黒の組織のボスだとしても、彼女が物語の最終的な黒幕だとは限りません。
その黒の組織の裏で暗躍する何者かの存在が否定できません。

その候補がFBIのジェイムズ・ブラック。
名前の由来が、名探偵ホームズの宿敵、犯罪界のナポレオン「ジェイムズ・モリアーティ」。
自分は決して犯罪組織には属さず、犯罪を捜査するFBIにいながらにして、犯罪組織を裏から牛耳る。
まさに黒幕にはうってつけのキャラクターです。





テーマ:名探偵コナン - ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。